忍者ブログ
GAME-Information
PlayStation 3(160GB) チャコール・ブラック(CECH-2500A)
PS3の「システムソフトウェア」アップデートについて紹介。
更新される主な機能

FW 1.60 のアップデートにより追加される機能は以下の通りです。

人気ブログランキングへ
■ 主な新機能

ピンポイントズーム&解像度設定(インターネットブラウザ)
ピンポイントズーム : 画面上のポインタがある場所をピンポイントで拡大表示できます。Webページのソースを分析し、ポインタを合わせた場所に応じて最適な拡大比率を自動的に算出します。
>詳しい情報を見る

解像度変更 : PS3の映像出力解像度に合わせて、Webページの表示サイズを見やすく調整できます。また、インターレース出力のときに、画面のちらつきを抑える設定を追加しました。
>詳しい情報を見る

フルサイズキーボード
文字の入力時に、画面にフルサイズキーボードを表示できるようになりました。
>詳しい情報を見る

Folding@home™
Folding@home™は、米国スタンフォード大学が推進する分散コンピューティング・プロジェクトです。タンパク質の折りたたみ構造を研究し、関連する各種の疾病治療に役立てることを目標としています。Folding@home™プログラムを起動することにより、ネットワークを通じてこのプロジェクトに参加することができます。
>詳しい情報を見る

アクセスポイント経由でのリモートプレイ
アクセスポイント経由でPSPからのリモートプレイができるようになりました。ワイヤレスLANを搭載していないPS3(20GBモデル)でもリモートプレイ接続ができます。
>詳しい情報を見る

バックグラウンドダウンロード
ファイルサイズの大きいデータや複数のデータをダウンロードするときに、ダウンロードしながら他の操作をすることができます。
>詳しい情報を見る


■ バージョン1.60で更新されるその他の機能

全体
BD-RE(Blu-ray Disc Rewritable) ver.3.0の再生に対応しました。
テレビと接続したときのHDMI自動検出に対応しました。HDMIケーブルが接続された状態でPS3®の電源を入れると、自動的に映像出力設定の切りかえ画面が表示されます。*
* HDMIケーブルで接続したテレビの電源が入っていない場合は機能しません。

設定
[本体設定]の[表示言語]に、デンマーク語、ノルウェー語、フィンランド語、スウェーデン語、簡体字中国語、繁体字中国語を追加しました。
[本体設定]の[文字セット]で、ファイル名に使う文字セットを選べるようになりました。
[本体設定]に[WMAの再生を有効にする]を追加しました。
[本体設定]に[ディスク自動起動]を追加しました。
[本体設定]の[バックアップユーティリティ]で、バックアップしたデータを他のPS3にリストアできるようになりました。
[周辺機器設定]の[Bluetooth機器登録]で、Bluetoothキーボードとマウスを登録できるようになりました。
[リモートプレイ設定]を追加しました。

ミュージック
DSD(Direct Stream Digital)ディスクの再生に対応しました。*
* SonicStage Mastering Studio Ver.2.1以上またはDSD Direct Ver.2.0以上(ともにソニー株式会社製品)で作成できる音楽ディスクです。

ビデオ
再生できるファイル形式にMotion JPEG、AVCHD(.m2ts)を追加しました。

ネットワーク
[ダウンロード管理]を追加しました。

フレンド
[新しいチャットを開始]を追加しました。

その他
PS3における一部のPlayStationおよびPlayStation2規格ソフトウェアの動作ステータスを更新しました。最新の動作ステータスは<専用検索サイト>でご確認いただけます。
上記でわかりにくい方は更新される主な機能を見たらわかると思います。

■ アップデートに必要なもの

PlayStation3本体
インターネットに接続できるパソコン
記録メディア - メモリースティック、SDメモリーカード、コンパクトフラッシュR、USBマスストレージ機器(USBメモリなど)
※170MB以上の空き容量が必要です。


■ アップデートデータのダウンロード手順

1.記録メディアに、アップデートデータを保存するフォルダを作成する。
フォルダ階層(USBメモリの場合): (USB0:/ PS3 / UPDATE )

パソコンを使って記録メディアに「PS3」という名前のフォルダを作成し、その中に「UPDATE」という名前のフォルダを作成します。


2.アップデートデータをダウンロードして、手順1で作成した「UPDATE」フォルダに保存します。
PS3公式サイト

※非公式方式ですが、過去のバージョンのFWを入手する場合
コチラのサイトから任意のバージョンをダウンロードすることが可能です。

※注意
アップデートデータは、必ず次のように保存してください。正しく保存しないと、PS3でアップデートデータが認識されません。 フォルダ名/ファイル名は半角の大文字で入力してください。
・保存場所 : 「PS3」-「UPDATE」フォルダに保存する
・ファイル名 : 「PS3UPDAT.PUP」というファイル名で保存する


■ アップデートの手順
※注意
・アップデート中は、PS3の電源を切ったり、記録メディアを抜いたりしないでください。アップデートが中断されると、故障の原因となります。
・アップデート中は、PS3本体前面の電源ボタンは機能しなくなります。

1.アップデートデータを保存した記録メディアをPS3にセットする。

2.ホームメニューの (設定) から (システムアップデート)を選び、○ボタンを押す。


3.[記録メディアからアップデート]を選び、○ボタンを押す。

記録メディアに保存されているアップデートデータが自動的に検索されます。


4.アップデートデータを起動する。

○ボタンを押すと、アップデートが開始されます。 画面の指示に従って、アップデートを行ってください。
アップデートが正しく完了したら記録メディアに保存されているアップデートデータは削除して構いません。

拍手[0回]

PR


追記を閉じる▲
■ 主な新機能

ピンポイントズーム&解像度設定(インターネットブラウザ)
ピンポイントズーム : 画面上のポインタがある場所をピンポイントで拡大表示できます。Webページのソースを分析し、ポインタを合わせた場所に応じて最適な拡大比率を自動的に算出します。
>詳しい情報を見る

解像度変更 : PS3の映像出力解像度に合わせて、Webページの表示サイズを見やすく調整できます。また、インターレース出力のときに、画面のちらつきを抑える設定を追加しました。
>詳しい情報を見る

フルサイズキーボード
文字の入力時に、画面にフルサイズキーボードを表示できるようになりました。
>詳しい情報を見る

Folding@home™
Folding@home™は、米国スタンフォード大学が推進する分散コンピューティング・プロジェクトです。タンパク質の折りたたみ構造を研究し、関連する各種の疾病治療に役立てることを目標としています。Folding@home™プログラムを起動することにより、ネットワークを通じてこのプロジェクトに参加することができます。
>詳しい情報を見る

アクセスポイント経由でのリモートプレイ
アクセスポイント経由でPSPからのリモートプレイができるようになりました。ワイヤレスLANを搭載していないPS3(20GBモデル)でもリモートプレイ接続ができます。
>詳しい情報を見る

バックグラウンドダウンロード
ファイルサイズの大きいデータや複数のデータをダウンロードするときに、ダウンロードしながら他の操作をすることができます。
>詳しい情報を見る


■ バージョン1.60で更新されるその他の機能

全体
BD-RE(Blu-ray Disc Rewritable) ver.3.0の再生に対応しました。
テレビと接続したときのHDMI自動検出に対応しました。HDMIケーブルが接続された状態でPS3®の電源を入れると、自動的に映像出力設定の切りかえ画面が表示されます。*
* HDMIケーブルで接続したテレビの電源が入っていない場合は機能しません。

設定
[本体設定]の[表示言語]に、デンマーク語、ノルウェー語、フィンランド語、スウェーデン語、簡体字中国語、繁体字中国語を追加しました。
[本体設定]の[文字セット]で、ファイル名に使う文字セットを選べるようになりました。
[本体設定]に[WMAの再生を有効にする]を追加しました。
[本体設定]に[ディスク自動起動]を追加しました。
[本体設定]の[バックアップユーティリティ]で、バックアップしたデータを他のPS3にリストアできるようになりました。
[周辺機器設定]の[Bluetooth機器登録]で、Bluetoothキーボードとマウスを登録できるようになりました。
[リモートプレイ設定]を追加しました。

ミュージック
DSD(Direct Stream Digital)ディスクの再生に対応しました。*
* SonicStage Mastering Studio Ver.2.1以上またはDSD Direct Ver.2.0以上(ともにソニー株式会社製品)で作成できる音楽ディスクです。

ビデオ
再生できるファイル形式にMotion JPEG、AVCHD(.m2ts)を追加しました。

ネットワーク
[ダウンロード管理]を追加しました。

フレンド
[新しいチャットを開始]を追加しました。

その他
PS3における一部のPlayStationおよびPlayStation2規格ソフトウェアの動作ステータスを更新しました。最新の動作ステータスは<専用検索サイト>でご確認いただけます。
上記でわかりにくい方は更新される主な機能を見たらわかると思います。

■ アップデートに必要なもの

PlayStation3本体
インターネットに接続できるパソコン
記録メディア - メモリースティック、SDメモリーカード、コンパクトフラッシュR、USBマスストレージ機器(USBメモリなど)
※170MB以上の空き容量が必要です。


■ アップデートデータのダウンロード手順

1.記録メディアに、アップデートデータを保存するフォルダを作成する。
フォルダ階層(USBメモリの場合): (USB0:/ PS3 / UPDATE )

パソコンを使って記録メディアに「PS3」という名前のフォルダを作成し、その中に「UPDATE」という名前のフォルダを作成します。


2.アップデートデータをダウンロードして、手順1で作成した「UPDATE」フォルダに保存します。
PS3公式サイト

※非公式方式ですが、過去のバージョンのFWを入手する場合
コチラのサイトから任意のバージョンをダウンロードすることが可能です。

※注意
アップデートデータは、必ず次のように保存してください。正しく保存しないと、PS3でアップデートデータが認識されません。 フォルダ名/ファイル名は半角の大文字で入力してください。
・保存場所 : 「PS3」-「UPDATE」フォルダに保存する
・ファイル名 : 「PS3UPDAT.PUP」というファイル名で保存する


■ アップデートの手順
※注意
・アップデート中は、PS3の電源を切ったり、記録メディアを抜いたりしないでください。アップデートが中断されると、故障の原因となります。
・アップデート中は、PS3本体前面の電源ボタンは機能しなくなります。

1.アップデートデータを保存した記録メディアをPS3にセットする。

2.ホームメニューの (設定) から (システムアップデート)を選び、○ボタンを押す。


3.[記録メディアからアップデート]を選び、○ボタンを押す。

記録メディアに保存されているアップデートデータが自動的に検索されます。


4.アップデートデータを起動する。

○ボタンを押すと、アップデートが開始されます。 画面の指示に従って、アップデートを行ってください。
アップデートが正しく完了したら記録メディアに保存されているアップデートデータは削除して構いません。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
P R